消滅型生ゴミ処理機 食品廃棄物が数時間で約90%削減!クーブ菌で生ゴミ処理の問題を解決へ導きます。

自然界の土壌の中から抽出した特定土壌菌を特殊培養して配合した「クーブ菌」は、処理中の悪臭発生を最小限に抑え、食品廃棄物を驚きの分解力でスピーディーに水と炭酸ガスに分解!約90%以上消滅させることが可能となります。
環境はもちろん人に対する安全性も証明されています。

1. 製品の背景

地球のこと、環境のこと…私たちにできること
資源循環型社会の構築を目指し開発されたBio-Robo「Qoobu」

枯渇資源の消費仰制、環境負荷の低減を目指して、「循環社会形成推進基本計画」が決まりました。
これに対して国・地方団体では、廃棄物の発生仰制、部品等の再利用原材料としての再利用「3R(Reduce・Recycle・Reuse)による総合的取り組みを率先して始めています。このような背景の中で、生ごみを業者に任せて解決する時代は終わりを告げつつあります。
Bio-Robo「Qoobu」は、製造・生産・販売過程の生ゴミを「捨てる」から「消滅」へとお手伝いします。

2. バイオ式への偏見

国内でバイオ式処理がブームとなっていた十数年前は、能力の高い分解菌が見つからないため、「臭い」「分解できない」「過熱が必要」、また無理に分解力を高めようとして過熱し「機器から出火」などのトラブルが続発しました。また、「循環型社会形成」という大義のもと、分解能力が低いことを逆手に「分解減容するのではなく、たい肥を作ります」として、分解能力を隠してコンポスト式やダンボール箱タイプなどの様々な商品が現在も販売されています。
家庭や食品加工工場で、引き取り手の無いたい肥を大量に作ることが循環型社会と言えるでしょうか?

3. クーブ菌の特徴

強力な分解菌を発見・培養に成功!

クーブ菌は、産業廃棄物の中でも動植物残渣・廃棄食品物・家畜糞尿等など有機性廃棄物を炭酸ガスと水に分解、消滅させる処理剤です。 又、家庭から出る生ゴミ処理には予想以上の効果を発揮します。
優れた処理装置と併用することによりさらに、処理時間の短縮がはかれます。

クーブ菌の分解力

現在、生物処理・生ゴミ処理剤として注目されている通性嫌気性菌がベースになっている。
生ごみの99.99%を24時間で分解消滅。分解調節により、必要な量だけ良質なたい肥を生成することが可能。
好気性・嫌気性の雰囲気の中でも活性度は極めて高く処理槽の中に死角が出来にくい。
食品残渣はもとより、脱水ケーキでも有機物が主成分なら短時間で分解・消滅します。
従来の処理剤(菌床)にくらべ、臭気が発生するスピードより分解が速く、臭いの発生が少ない。
従来の分解菌で処理不可能としていた油分にも強い。
人体や動物への安全性を確認済み。
余剰菌床は、肥料になります。

4. Bio-Robo[Qoobu]の仕様

クーブ菌の分解活動に最適環境の機器Bio-Robo「Qoobu」

強力な能力を持つクーブ菌の分解活動に最適な環境を作るため、「酸素供給」「死角なし」「休日などの自動コントロール」などを考慮した、Bio-Robo「Qoobu」を開発しました。

・電気制御により発酵分解に最適な攪拌、ヒーター、吸排気を自動制御。
・食品廃棄物を処理する際に発生する嫌な臭いはオプションの白金触媒装置により強力脱臭。
・廃棄物は、特殊な攪拌爪の低速回転により効率よく破砕処理を行い、分解された廃棄物は、排気システムにより  水蒸気となって排出されますので、排水設備は不要。

Qoobu 15-R 15kg処理/日
Qoobu 30-R 30kg処理/日
Qoobu 50-R 50kg処理/日
Qoobu 100-R 100kg処理/日
Qoobu 1000-R 1t処理/日

5. 処理実例

食品廃棄物を驚きの分解力でスピーディーに分解!消滅!

例:野菜くず 野菜くずを投入後、数時間で分解消滅(1〜12h)

クーブ菌は、産業廃棄物の中でも動植物残渣・廃棄食品物・家畜糞尿等など有機性廃棄物を炭酸ガスと水に分解、消滅させる処理剤です。 又、家庭から出る生ゴミ処理には予想以上の効果を発揮します。
優れた処理装置と併用することによりさらに、処理時間の短縮がはかれます。

6. 製品の展開一例

公共施設や、食品を扱う場でBio-Robo「Qoobu」が導入されています!

卸売市場 食品工場 スーパー 食堂 ドライブイン 給食センター 宿泊施設 病院
介護老人施設 保育園 など

7. 導入実績

現在NTT西日本関連ビルにて検討中

8. 商品の詳細

Bio-Robo「Qoobu」の商品詳細はこちら
http://www.re-qoobu.jp/q-feature.html

このページのTOPへ